文化財ぶんかざい検索けんさく

指定区分していくぶん

県指定/記念物/天然記念物

時代じだい

その他

エリア

佐伯市

県指定 天然記念物

よこしまのびゃくしんじせいち

横島のビャクシン自生地

佐伯市米水津浦代浦

県指定 天然記念物

よこしまのびゃくしんじせいち

横島のビャクシン自生地

佐伯市米水津浦代浦

横島は、大分県南部の鶴見半島の南海岸に浮かぶ島です。ビャクシンは、イブキともよばれ、島の北側の崖に自生しています。

もっとくわしく

ビャクシンは、ヒノキ科ビャクシン属の常緑針葉樹【じょうりょくしんようじゅ】で、学名はJuniperus chinensis。別名、イブキとよばれます。
日当たりがよい砂質に生え、海岸近くに自生地がみられます。この横島の自生地はそのひとつです。大分県では、豊後水道城の岬や島の断崖に生えています。
この種は、日本では庭園や生け垣として植えられることも多く、カイヅカイブキはそのひとつです。

  • 指定年月日していねんがっぴ
    昭和48年3月20日
  • 記号番号きごうばんごう
    天第49号
  • 種別しゅべつ
    天然記念物