文化財ぶんかざい検索けんさく

指定区分していくぶん

県指定/美術工芸品(彫刻)

時代じだい

平安時代

エリア

豊後大野市

県指定 有形文化財

もくぞうにょらいぎょうざぞう

木造如来形坐像

豊後大野市三重町内田881 豊後大野市資料館

県指定 有形文化財

もくぞうにょらいぎょうざぞう

木造如来形坐像

豊後大野市三重町内田881 豊後大野市資料館

豊後大野市緒方町の釈迦堂のほこらに安置されていた、丈六【じょうろく】の不動明王像です。不動明王像としては大きいもので、平安時代につくられたものと考えられます。現在は豊後大野市資料館に展示されています。

丈六(じょうろく)

ブッダ(お釈迦さま)は、1丈6尺(約4.85m)だったといいます。そこで、仏像の大きさとして、1丈6尺、略して「丈六」が1つのきまりになりました。すわった場合は、半分の8尺(約2m40㎝以上)が「丈六」の仏像になります。

用語解説

  • 丈六【じょうろく】

    丈六(じょうろく)

    ブッダ(お釈迦さま)は、1丈6尺(約4.85m)だったといいます。そこで、仏像の大きさとして、1丈6尺、略して「丈六」が1つのきまりになりました。すわった場合は、半分の8尺(約2m40㎝以上)が「丈六」の仏像になります。

もっとくわしく

豊後大野市緒方町の釈迦堂のほこらに安置されていた、丈六【じょうろく】の不動明王像です。現在、両腕先、両膝部などが失われています。頭部に内刳りのない古様な構造をしていますが、おだやかな表情などから、製作は平安後期と考えられます。不動明王像としては稀な巨像で、12世紀末ごろの技法を示す作品として貴重です。
像高204.8㎝

丈六(じょうろく)

ブッダ(お釈迦さま)は、1丈6尺(約4.85m)だったといいます。そこで、仏像の大きさとして、1丈6尺、略して「丈六」が1つのきまりになりました。すわった場合は、半分の8尺(約2m40㎝以上)が「丈六」の仏像になります。

  • 指定年月日していねんがっぴ
    昭和52年3月31日
  • 記号番号きごうばんごう
    彫第64号
  • 種別しゅべつ
    彫刻
  • 所有者しょゆうしゃ
    熊野社