文化財ぶんかざい検索けんさく

指定区分していくぶん

県指定/記念物/天然記念物

時代じだい

その他

エリア

佐伯市

県指定 天然記念物

よこしまのびゃくしんじせいち

横島のビャクシン自生地

佐伯市米水津大字浦代浦

県指定 天然記念物

よこしまのびゃくしんじせいち

横島のビャクシン自生地

佐伯市米水津大字浦代浦

ビャクシンは、イチョウやソテツと同じ雌雄異株【しゆういしゅ】の木です。まれに雌株と雄株に分かれず1つの株のものもあります。横島のビャクシンはシャリンバイ、トベラなどの低木とともに岩の露出する東岸の絶壁【ぜっぺき】に生育します。

もっとくわしく

ヒノキ科ビャクシン属
ビャクシンは、ヒノキ科の常緑針葉高木で、イチョウやソテツと同じ雌雄異株【しゆういしゅ】の木です。まれに雌株と雄株に分かれず1つの株のものもあります。横島のビャクシンはシャリンバイ、トベラなどの低木とともに岩の露出する東岸の絶壁【ぜっぺき】に生育します。岩の間のわずかな平地を中心に7か所に数株ずつ生えています。断崖には枯れてしまった古い株が見られ、かなり古くから生育していたことがわかります。日本列島でももっとも南に自生しているもので、大変貴重です。

  • 指定年月日していねんがっぴ
    昭和48年3月20日
  • 種別しゅべつ
    天然記念物
  • 所有者しょゆうしゃ
    個人